トップページ > コーディング事例紹介 > 非粘着 > バームクーヘン芯棒のフッ素樹脂コーティング

バームクーヘン芯棒のフッ素樹脂コーティング

ご存知のようにバームクーヘンは鉄心に生地を付けては焼く事を繰り返し最後に鉄心から引き抜く工程で作られています。
鉄心には離型性を目的にフッ素樹脂PTFEコーティングを行っております。
このため鉄心から出来あがったバームクーヘンを引き抜く際、剥がれ易いためバームクーヘンの型崩れが起きにくく、不良率低減に繋がっています。

お問い合わせ・技術相談はこちら
PAGE TOP