トップページ > コーディング事例紹介 > 撥水・撥油 > 食品加熱調理機鍋の耐熱コーティング

食品加熱調理機鍋の耐熱コーティング


食品工場で使用する調理鍋はフッ素樹脂の限界を超える使用条件の場合があり、フッ素樹脂に代わるコーティング膜が求められます。
この場合ガラス質・高硬度・高耐熱性SR-800が威力を発揮致します。
フッ素樹脂コーティング膜は、耐熱限界260℃を超える使用を繰り返した場合や急加熱冷却を繰り返した場合に膜の剥離が生じます。
260℃を超える急加熱・冷却を繰り返し行う加熱調理機械鍋に代替えとしてSR-800コーティング膜が24時間可動で1年間の耐久性が客先工場で立証されました。

お問い合わせ・技術相談はこちら
PAGE TOP